家を建てる前に!健康住宅を建設する流れとメリットを知る

今注目されている健康住宅とは?

健康住宅とはシックハウス症候群の原因となる有害物質を出す材料が使われていない住宅のことを指します。自宅は最も長い時間を過ごす空間だけに空気をきれいに保つことが重視されています。

工務店に住宅建設を依頼する流れ

見積もりに必要な情報を提供する

まずは工務店に要望を伝え、実現方法を相談しながら見積もりを作ってもらいます。打ち合わせは何度も行われ、その都度工務店の提案が自分の要求をきちんと満たしているか考えましょう。

設計監理契約を結ぶ

見積もりに納得したら設計監理契約を結び、施工に向けての具体的な内容を調整していきます。スケジュールが明確に決まるのもこのころです。計画を変更できる最終段階となるので一つ一つ丁寧に確認しましょう。

確認申請を出す

通常は工務店が許可を取る手続きをしてくれます。役所の許可が下りない限り建築に着手することはできません。申請がスムーズにいかないと工事が遅れてしまう原因になるので注意が必要です。

許可が下りたら建築開始

確認申請が通ったらいよいよ建築開始です。着工しても任せきりにせず、適宜報告を求めましょう。計画通り工事が進んでいるかを定期的に確認することは後からの大きなトラブルを防ぎます。

空気がきれいになる!?口コミも参考にしながら健康住宅を建てよう

住宅

健康住宅の魅力

人の健康を左右する要素として空気は多くの割合を占めます。自宅は一番長い時間過ごすところと言えるので自宅で良質な空気環境を作り出すことは健康に大きな影響を与えます。最近では有害物質を出す材料を極力使わないことはもちろん、技術で積極的に空気環境を改善する住宅も出てきています。健康住宅なら止まらない咳や湿疹に悩まされることもありません。

健康住宅の建設費用相場

建築に使う素材や工法を指定して建ててもらうことになるので注文住宅と同じです。ただし価格で材料を選べないので若干高くなる傾向にあります。一般に注文住宅は1件3000万円ほどで建つと言われているので最低でもそのくらいの金額は用意が必要です。地元の工務店をうまく使うと価格が下がることもあるのでしっかりと見積を取って検討しましょう。

健康住宅に住んでいる人達の感想

悩んでいた咳が収まった

住んでいたところの壁がよくなかったらしく、長い間咳に悩まされていました。思い切って健康住宅を建てることを思いつき、現状を伝えながら原因物質を徹底的に使わない家を建てていただきました。今では咳も収まり快適に暮らしています。

暖房無しでも暖かい

寒い時期の室内と室外のトイレや廊下との室温差を気にして、冷え込まないように健康住宅を建てました。冬場でもそれほど冷え込まずヒートショックを起こすほどの温度差はありません。

木の香りがする家で暮らす

玄関の扉を開けるとふんわり香る木の香りがお気に入りです。我が家に帰ってきた気がし、家の中でも自然を感じることができます。柱の木もこだわって選んだので住み始めてしばらくした今でも触りたくなる手触りを保っています。

湿気を感じない

家が湿気をコントロールしてくれるので結露に悩むことがありません。かといって乾燥しすぎることもなく快適に過ごすことができています。梅雨の時期に自宅が一番サラッとしているのは何よりもうれしいです。

健康住宅が体にもたらす良い影響

空気をきれいにしてくれるのはもちろん、室内の温度を均一にしてくれます。夏は涼しく冬は暖かい家なので温度のせいで活動しづらいことはありません。有害物質を取り込むこともないので体を中から綺麗にできます。

[PR]
北欧住宅に施工依頼!
事例などを確認しておこう

こだわりの健康住宅を建設しよう

健康住宅に求めるものはお客様次第で変わるのでほとんどのケースが注文住宅になります。特に福岡の工務店は健康住宅を建てることに長けており、過去の知見に基づくアドバイスがもらえます

[PR]
福岡の工務店に依頼しよう!
品質保証で安心の家造り

広告募集中