日本ロレックスをオーバーホールする際に必要な料金

作業者

料金が違う理由

修理

純正部品に交換するか否か

ロレックスは、機械式と呼ばれるゼンマイで動く腕時計です。そして、機械式の腕時計は定期的にオーバーホールをする必要があります。それは、高品質で高級なロレックスであっても同様であり、定期的なオーバーホールを怠れば、性能を保つことはできませんし、故障してしまう恐れもあります。オーバーホールとは、腕時計を分解して洗浄し、再度組み立てるという作業です。その間、注油や調整等を行い、壊れている部品や壊れそうな部品は交換します。深い知識と高度な技術が必要となる作業ですから、無論、オーバーホールは素人には不可能と言っても過言ではない作業となります。よって、ロレックスのオーバーホールは、業者に任せることとなります。ロレックスは人気の腕時計ですから、ロレックスのオーバーホールを行っている業者は数多くあります。但し、どこの業者に出しても同じというわけではないのです。もっとも、実績が豊富な業者に出せば、しっかりとした作業が行われますからオーバーホール自体は問題なく終了すると言えます。ただ、業者によって料金に差があり、その料金の差がオーバーホールの内容に関係している場合はあります。例えば、部品交換の必要性が生じた際、安い料金の業者はロレックスの純正ではない部品と交換する場合があります。高級腕時計ロレックスは部品も高級であり、よって、純正部品と交換すると費用が高くなるので、純正ではない部品と交換して費用を低く抑えているのです。純正ではない部品であっても信頼性の高い部品ですから、機能的には大丈夫です。そして、オーバーホールの料金は安い料金であっても、それなりにしますから、業者のこの行為は良心的な行為だと言えます。ただ、純正部品に交換したロレックスは、そうではないロレックスよりも価値があるという風潮もありますから、純正部品にこだわるのであれば、料金が高くても純正部品に交換してくれる業者に出すべきです。